オイル漏れしていても下取りしてもらえるの?

ディーラーで新車を購入する時についでに行う下取り、買取店の買取より平均して高くなるといわれていますが、これは事実であって高い対価を得たいのであれば下取りではなく、買取店の買取をおすすめします。
しかし、何かしらの理由があってあえてディーラーの下取りを利用する際にその車がオイル漏れを起こしているとどうなるでしょうか。

 

まず下取りしてくれるのかどうかということですが、基本的に下取りはその車に見合った価値で下取り金額を決めるのではなく、基本となる金額はあるものほぼ新車購入の値引きの一つとして考えられています。
ですので、たとえ市場の評価が5万円だったとしてもお得意さんだったり、売れ行きの悪い車を買ってくれるお客様だったりすると、他の車にされたり、他のディーラーに行かせないようにと下取り金額を10万円にも15万円にもすることがあります。

 

要するに客と営業マン次第でどうにでもなるものということです。
そういった中でどこかしらにオイル漏れを抱えている車を下取りに出そうとして査定をしてもらうことになるのですが、その結果はやはりかなり低いものとなることが多いようです。

 

下取りで得た車は買取店の買取と同じように中古車として二次利用します。
その際にどこにもオイル漏れを起こしていない車であれば、多少手を加えさえすればすぐに系列店の中古車販売店に並べることができますが、
オイル漏れを起こしている車となるとその症状にもよりますがかなりの修理費用が掛かってしまい、中古車という商品にするにはお金がかかりすぎてしまいます。

 

ですので、いくら融通の利く下取り金額といっても高くなることはありません。

 

むしろひどい状態場合では鉄くずとして買取るといった形になり、10000円前後で下取りとなることもあるようです。
とかく条件の悪い車は買取より下取りの方がいいといわれますが、オイル漏れを抱えた車の場合はそういった通説も通用しないようです。

 

どうせ鉄くずになるのであれば、ディーラーでの下取りよりも事故車買取店の方がいい値がつきます。

 

ここは鉄くずとしてはもちろんですが、壊れていない部分を取り外して中古部品として、またはリビルトパーツの土台として販売することによって利益を得ているところですので、部品の代金というのも発生することになります。
例えばエンジンブロックにひびが入っていてオイル漏れがひどいという場合でも、トランスミッションは使えるし、フェンダーパネルの使える、シートも使えるし、サスペンションも使うことができるということでそういった部分に値がつくのです。

 

なので、下取りで10000円とかそれ以下といわれた場合でも数万円ぐらいの値がつくことになりますので、そういったところで売った方がいいと思います。

 

それから中古車販売店が直接買い取るところでも同じように部品取り車として、あるいは自社の整備工場で安く修理をして中古車として販売する目的でオイル漏れのある車を買い取ってくれることもあります。

 

特にマニアが好むようなランドクルーザーやランドクルーザー・プラド、ジムニーやスポーツモデルなどすでに補修部品すら生産されていないような車では意外と需要が高いようで、結構な金額で買い取ってくれるところがあるようです。
ただ、この場合は車種などがかなり限定されることになり、買取側が求めている車であれば、ひどい状態のものでも喜んで買取ってくれますが、そうでない場合は買取すらしてくれません。

 

そういった場合はやはり事故車買取店で売却する方がいいでしょう。
どういった意味で下取りで処分しようと思ったか知りませんが、どのような状態でも下取りは最終手段と考えて、とりあえず他のところで買取できないかどうかいろいろなところにあたってみてもらいたいと思います。